« 「ズキューーン葵ロケット」空中映像をいただきました! | トップページ | トッキュウジャーのレインボーパスでJRに乗る »

2014/01/04

帰ってきたウルトラマン(HDリマスター版にて)

  WOWOWで帰ってきたウルトラマン(ハイビジョンリマスター版)を見てました。

 最近わかってきた事ですが、昔「見逃した」と思って、BS、CS等の再放送を心待ちにしていたものって、大概面白くないんです。
 それで、よく考えてみると、東京12ch系(関西では該当局がないため放映されなかったものが多い)を除いて、実は「見逃した」んじゃなくて、「やっているけど見なかった」物だったんですね。
 つまり、1回くらいは見たとか、他から評判を聞いて見なかったとかなので、つまらないのは当たり前というか。

 さて、「帰ってきたウルトラマン」。作品的に「人間的に弱いウルトラマン」というのが好きじゃないのと、当時の環境で時間的に本当に見れなかった話もあり、ひょっとしたら全部は見ていなかったのかもしれない、という気はしていたのですが、

 今回見たのは主に坂田さんとアキちゃんが死んだ後の話で、ハイビジョンリマスター版で画面がきれいなことも手伝って、結構一気見をしてしまいました。

 それで感じたのは、「MATって、上司が部下を疑ったり、同僚が同僚を疑ったり、イヤな組織だなあ」ということです。
 大体は新人である郷が最初に偵察とかに行かされて状況を目撃するが、その報告を馬鹿にしたり、相手にしなかったりして、信じない。 結局は、郷の言うとおりだということがわかる、という話が何度もあって。更にその郷も次郎君を同じパターンで疑ったりして。
 さすがに後の方では、みんなに疑われている郷を隊長が最後まで信じるという話も出てくるわけですが、そもそもそういう「信じる・信じない」の話ばかり多くて。

 「あー、これじゃ、当時、途中でチャンネル変えるか、テレビ切るわ」と思った次第です。見逃したわけじゃなくて、実は意図的に見なかった可能性が高い、と。

 あと、怪獣造形がひどいのは有名な話ですが、今回ハイビジョンリマスター版で見て「これって、仮面ライダーの怪人と同じレベルで作ってるんだなぁ」ということに気がつきました。(平成ではなく昭和の)仮面ライダーの怪人だと思ってみると、ごく普通のレベルに思えます。例えば「メシエ星雲人」(ところでメシエの何番なんだよw)とか。

 そういう意味でも、今に至る「ウルトラマンは子供の見るもの」という位置づけを決定的なものにしてしまったのはこの「帰ってきたウルトラマン」だと思いますね。ウルトラマンとウルトラセブンだけなら多分そんなことにはならなかっただろう。 

 あと、「地球いただきます」については別項で書きます。

|

« 「ズキューーン葵ロケット」空中映像をいただきました! | トップページ | トッキュウジャーのレインボーパスでJRに乗る »

「特撮」カテゴリの記事

コメント

TACの方がよっぽど人間関係が最悪な職場だと思いますが・・・

投稿: | 2015/02/06 03:18

貴方の大好きなウルトラマンAのTACも大概でしょう。べた褒めしている'前半'に含まれる23話をご覧なさい。
自分の好きな作品に対しては盲目なのに嫌いな作品に対してはとことん叩くという行為はとても恥ずかしいですよ。無自覚であるなら尚更。

投稿: | 2016/02/23 21:32

見ないで意見を書くわけにもいかないと思いながら、何となく億劫で見なかったエース23話ですが、たまたま上映会がそれだったので見てしまいました。
そしたら、みんな全然冷たくないじゃないですか!。

北斗のいう事を(その時点では)実は信じていなかったにもかかわらず、北斗の顔を立てて当該場所のパトロールを命じる竜隊長。梶隊員に至っては「信じられる」と明言してますし、南隊員は子供の頃の体験話までして北斗隊員を信じると言っている。
美川隊員の「疲れている」発言も、そう考えると「あなたの事は信じているけれど、きっと今日は疲れていて間違った事を言っているのだわ 」的なニュアンスがあるようにも思えます。
まあ山中隊員だけはいつもの調子ですが、それは彼のキャラクターなので。

どんなひどい話かと思って、見るのが億劫だったのですが、この話って、事実上のヤプール編の最終回なので、ちゃんと覚えている話でした。
しかし 「お前は俺を信じなさい」のインパクトとか、ヤプールが実は一人だった!(あのネガ映像で複数の何かがうごめいていたのは一体何だったのか)とか、異次元に行く装置だとか、印象に残るシーン満載なので、冒頭がそんな話だったというのはすっかり頭にはなかったですね。

しっかりと覚えていない事を書くのはまた突っ込まれそうなので控えめにしますが、単なる印象として、MATの同様なシーンでは「隊長始め全員が完全に疑っている」感が強かったように思います。(個人の感想です)。

ただ、MATとTACの話では、話数までチェックしていませんが、ほとんど同じ設定で、MATでは隊長が上司の命令を聞いてしまうのに、TACでは竜隊長が部下を守る為に上司を「殴る」、というのがあって、初見(というかリアルタイム)の時に、「あー、制作側は明確に、MATより隊員に優しい、冷たくないチームを描こうとしているんだな」と感じたのを覚えています。

少なくとも23話は、「 自分の好きな作品に対しては盲目なのに嫌いな作品に対してはとことん叩くという行為はとても恥ずかしい」などと言われる根拠になるような話ではないような気がします。

ついでに言うと、ここは単なる個人のブログであって、お金を貰っているわけでも、何らかの組織を代表したりその一部であったりするわけではないので、
「 自分の好きな作品に対しては盲目なのに嫌いな作品に対してはとことん叩く」のは「当たり前」です。恥ずかしい事でも何でもありません。
私はこれからも「 自分の好きな作品に対しては盲目なのに嫌いな作品に対してはとことん叩」き続けますよ。なぜならそれが個人のブログというものだからです。

投稿: 目篭 | 2016/09/25 06:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22996/58881213

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきたウルトラマン(HDリマスター版にて):

« 「ズキューーン葵ロケット」空中映像をいただきました! | トップページ | トッキュウジャーのレインボーパスでJRに乗る »