« 2019年3月 | トップページ

2019/12/11

「ウルトラ警備隊西へ」宿泊場所は「ホテル神戸」

Photo_20191211213601

 神戸が舞台のウルトラセブン14,15話「ウルトラ警備隊西へ」ロケでの、スタッフ・キャストの宿泊場所は、「ホテル神戸」です。
 なぜ、知っているかというと、私は当時、その「ホテル神戸」のすぐ裏に住んでいたからです。(上の絵参照。縮尺はいい加減です)

Ten_line_20191211214301

ホテル神戸はおそらく震災後に廃業

 「ホテル神戸」のあったのは、現在の神戸市中央区熊内町5丁目(当時は神戸市葺合区熊内町1丁目)、GoogleMapでは「パークハイム神戸熊内町」となっている所です。私はすでに神戸にいなかったので聞いた話ですが、阪神大震災後に廃業したようです。
 ホテル、といいながら、実態は大きな観光旅館のような感じで、広大な敷地に、庭や複数の建物がありました。

 「ホテル神戸」は一般名称に近いので、今検索しても何も出て来ませんが、当時は神戸を代表する宿泊施設の一つでした。

 タクシーで行く先を言う時に親が「元の”マンション”」と言ってました。”マンション“もそれこそ一般名詞ですが、まだ団地とかがこの世にない時代で、ホテルになる以前は恐らく進駐軍の大きな“邸宅”(マンション)か邸宅群があった所なのだろうと思います。

Ten_line_20191211214301

本館入り口手前のガレージにポインターが

Photo_20191211214301

 下手な絵で恐縮です。道からは日本庭園ぽい石造りの造作を抜けて本館入り口に行くのですが、その手前右側に、石造りを切り抜いた格好で、小さなガレージがあり、昔はホテルの車のガレージだったのですが後に新館の地下(というか実質は1階)に大きな駐車場ができて使われなくなっていた所に、ポインターが停まっていたのです。
 ここには、木のアコーディオン式の扉がついているのですが、これがロケと思われる期間は閉まっており、ただ、木の扉は上部に窓があって、照明は消えているので中は暗いのですが、覗き込むとポインターがあるのが見えたのです。
恐らく、ここしか扉の閉まるガレージはなかったので、ポインターをそこに入れたのでしょう。

Ten_line_20191211214301

駐車場には「ウルトラセブン」と書かれたトラックが

Photo_20191211221501

 そしてその、新館下の駐車場に止まっていたトラックの中に、荷台の側の、それも全面にではなく一部にですが、絵のような感じでテープで「ウルトラセブン」と書かれたものがあったのです。

(絵は単なるイメージを再現したもので、この通りに貼られていたわけではありません)

Ten_line_20191211214301

モロボシダンが歩いていた

2

 そして、ある日、私が学校から帰る途中に、ふと見ると、モロボシダンというか、森次浩司さんが、私の通学路の道を、手に何か荷物を持って歩いていたのです。
 同じく下校途中の近所の子たちが皆で回りで「わー、ダンや!、ダンや!」と騒いだので(それでも確か行く手を阻むようなことはしなかった)森次さんは困ったような顔をしながら歩いていた(おそらく宿泊場所に帰る途中)のを覚えています。

 なぜか私の頭の中には、森次さんはブーツを持って歩いていたような記憶もあるのですが、おそらくこれは、後で起こった「記憶の上書き」なんだろうと思います。

Ten_line_20191211214301

死ぬまでには書いとかなきゃ、と思いながら

 ウルトラセブンに関しては、それこそもう、ありとあらゆる人が、ありとあらゆる事を書いているので、もうとっくに誰かが書いちゃっているかもしれないのですが、残念ながら私はすべてのそういった書物・文献・ブログ等を読んでいるわけではないので、把握していません。もしすでにあったらごめんなさい。
 自分としては、「おそらく自分しか知らないネタ」として、いつかは書かないと、と思いながら、ずいぶん時間がたってしまいました。
 余談ですが、このココログは有料なので、アカウントが止まるとあっさり消えてしまいます。もしも、この情報が役に立つようでしたら、ハードコピー等を取られることをお勧めします。

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ