« 能代宇宙イベントに行ってきた | トップページ | 商店街の直線距離を測る »

2005/09/08

TXのつくばで大道芸を見た

title

medamabetsu

 ちょっと用事があってつくばに行きました。つくばといえばつくばエクスプレス。乗って行った先のつくばはお祭りでした。おらが町に初めて鉄道が来たのでお祭り騒ぎをしている、というわけではなくて、このお祭りまつりつくばは毎年行われているものらしい。その中で大道芸のフェスティバル、ART TOWN TSUKUBA2005を見てきました。

大道芸とは言っても、ギャグあり、メルヘンあり、アクションあり、なんとホラーまであります。

ten_line

TXを出るとそこはお祭り

omatsuri

TXの駅を出たところから祭りの屋台は始まっていて、それに沿ってずっと行くと、会場に着きます

 つくばというとなんとなく「科学者・研究者とその家族が住む理想郷(科学アカデミアとか緯度0みたいな、って誰も分からんか)」みたいなイメージがあったのですが、行って見るとごく普通の町で普通の人たちでした。当たり前か(^^;)

ten_line

「交際して」と観客に迫る女

kano 加納真実さんのパントマイム。「交際して」「つきあって」という紙を胸に掲げて、まっすぐに観客に突き進んで来るところが、心底怖いです。

 笑わせて、ホロっとさせて、ああこれぞ「芸」なのだなぁ、と感心させられてしまいますが、あまり面白いのでこれだけ2回も見てしまいました。会場では、5つほどの場所があるので、同じアーティストが場所を変えて何回か芸をしています。

 出し物の中にごく普通のパントマイム(嵐の中で傘を差しながら歌を歌う)もあるのですが、もともとパントマイムの人なわけで、当たり前ですがこれも面白い。

ten_line

コミックアクロバットTimTam

timtam コミックアクロバットのTimTam。技としては特にものすごいことをやっているわけではないのですが、コミカルな動きや、女の子(CHEEKYさん)の発する意味不明言語(多分ネイティブの英語みたいですが)の叫びと男性(GENさん)の掛け合いが面白く、ついつい見てしまいました。

 写真はCHEEKYさんの右足の位置に注目。

ten_line

会場には天使もいます

tensi 会場には天使が歩き回っていたりもします。ミッシェル・コーベリー という人のアニメーション(ここでいうアニメーションとは会場のどこで会えるか分からない移動芸のこと)。高いあしながに乗ったコスプレが芸だそうで、今回は天使。 「背が高いという非現実感」をうまく利用したパフォーマンスですが、木漏れ日の中で出会ったり、写真はちょっとわかりにくいかもしれませんが、子供にシャボン玉を吹いているところ、を見たりすると、突然本当の天使に出会ったような気がしてしまいます。

ten_line

大道芸といえば、つくばが王道

gamanoabura 大道芸といえば、王道中の王道はやはりこれでしよう。ガマの油売り

 実は、なんで「つくば」と「大道芸」が結びつくのかずっとわからなかったのですが、これを見て、やっとわかりました。つくばは大道芸の王道なんだ。「筑波山妙薬、陣中ガマの油」なるほどね。

 写真は、「しかしお立ちあい、ひとたびこのガマの油を拭き取るときには..」というので拭き取っているところ。このあと刀で傷をつけて血を流し「しかしお立会い、何も心配はいらない。ガマの油をひとたび塗れば..」と続きます。 

ten_line

観客をノセるのがうまいバーバラ村田

babara11 バーバラ村田さんも加納真美さんと同じパントマイムの人です。人形とのダンス(一人芝居)もありますが、彼女の持ち味はなんといっても観客を出し物に引っ張りこんで、一緒にお芝居をしてしまうことでしょう。

 写真の男性は、本当にそこで見ていた観客の中の一人なのですが、「ロミオとジュリエット」のロミオに選ばれ、だんだんノセられていって、最後に毒を飲んで倒れるところでは真迫の演技でした。

ten_line

歩く目玉たち

medama  で、こういう人たちが普通に歩いているところが、このお祭りの素敵なところです。 MEDAMAN-MEDAMANのアニメーション。  この目玉はお台場とか、愛・地球博とかいろいろなところに出没しているらしい。実はこの目玉、裏側までリアルに作られていてそちらはちょっとグロテスクです。写真も撮りましたが、それは実際にこの人たちに会った時のお楽しみということで。

ten_line

至高の芸、中国雑技団

zatsugidan  最後は、これぞアクションの真髄、中国雑技団のアクロバットをご覧いただきましょう。高く積み上げた椅子の上でのアクロバット。舞台で見るのと違って、大道芸として間近でみるのはすごい迫力です。 演技をしている男性と、写真では左下に小さく写っている女性(彼女も演技をします)はどちらも、あのサントリーの「燃焼系、燃焼系、ア~ミノ式!」のCMに出演してクルクル回ったり、回したりしていた出演者本人たちだそうです。

ten_line

「まつりつくば」はこの後が本番

matsuri  「まつりつくば」はこの大道芸フェスティバルART TOWN TSUKUBAだけではありません。メインのお祭りは、パレードやみこし、山車、ねぶたなども出る壮大なもののようです。丁度みこしの先頭を見たあたりで、私は残念ながら用事の時間が来てしまいましたが、つくばの祭りはこの後、熱い夜を迎えたようです。

|

« 能代宇宙イベントに行ってきた | トップページ | 商店街の直線距離を測る »

コメント

大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
ときどき寄ってみてください。
バーバラ村田さんもとりあげました。

http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611

投稿: kemukemu | 2006/10/27 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22996/5768311

この記事へのトラックバック一覧です: TXのつくばで大道芸を見た:

« 能代宇宙イベントに行ってきた | トップページ | 商店街の直線距離を測る »