« 能代結果報告その1:ズキューーン葵ロケット | トップページ | 11/2,3 「ロケット交流会」に出展・講演します。 »

2013年9月 2日 (月)

能代結果報告その2:のしろサットちゃん(デフォルメタイプ)

Ten_line_11

Fuusya

 のしろサットちゃん(デフォルメタイプ)は、2013年8月25日(日)9:30頃、能代宇宙イベント・大型モデルロケット公開打上において、「のしモデルロケットちゃんII号(量産型3号機)」で打上げられ、打上・放出・カメラ撮影・回収ともすべて成功しました。
 関係の皆様方に感謝します。特に回収に関しては、有人ロケット研究会の広崎理事長、徳田さん、および日本モデルロケット協会の正能さんに大変お世話になりました。ありがとうございました。
 打上の詳細について、以下に記します。

※写真は、「のしろサットちゃん(デフォルメタイプ)」からの画像。

(トップページから来られた方は、「続きを読む」をクリックしてください。
 

Ten_line_2
 打上の様子

Noshirocket_2

  のしろサットちゃん(デフォルメタイプ)は、、「のしモデルロケットちゃんII号(量産型3号機)」で打上げられました。残念ながら、放出および、空中での写真はありませんので、内蔵カメラの映像以外は、ロケット本体の打上の映像となっています。ご了承ください。

 なお、「のしモデルロケットちゃん」については、Initiatorキットをベースにしたこの大きさのものを「II号」と称しています。「I号」はEggsCaliberベースのものです。
 「のしモデルロケットちゃんII号」には、プロトタイプと、デカルキットを使用した量産型の2つがあり、量産型1号機は2012年の能代宇宙イベントでロスト、2号機は製造上の不具合により展示専用となっている為、今回の機体は量産型の3号機となります。

Ten_line_3
発射の瞬間の動画

 「のしモデルロケットちゃんII号(量産型3号機)」発射の瞬間の動画です。

Ten_line_4

高速度撮影(1/8スロー)

同じく、発射の瞬間の高速度撮影(1/8スロー)動画です。

Ten_line_5

広域動画

 

 同じく発射の瞬間を広域で捉えた動画。上空から、カメラの後方に向かって着地しますので、動画では左側からロケットエンジンを噴射して上空に上がるところまでしか見えません。

Ten_line_6

のしろサットちゃん(デフォルメタイプ)からの画像

Yamagawa_2

 ここからは、のしろサットちゃん(デフォルメタイプ)からの画像関連です。
写真は、上空から会場の観客席とは逆側(秋田方面)を撮影した画像です。

Ten_line_7

のしろサットちゃん(デフォルメタイプ)のカメラ方向について

Houkou_2

 のしろサットちゃん(デフォルメタイプ)ですが、カメラの方向が写真のように横を向いているため、ほとんど空しか写っていない結果となってしまいました。
 この記事冒頭の画像と、一つ前に掲示した画像は、貴重な「空と雲以外」の画像ですが、ほとんどこの2種類しかありません。

 昨年ふもとっぱらで打上げた「のしろサットちゃん(ダミータイプ)」も全く同じカメラを使っていたのですが、本体が軽かったことと、滞空時間が長かったため、風に揺られて方向が変わり、いろいろな角度からの画像を見ることができたので、気がつきませんでした。
 今回の「のしろサットちゃん(デフォルメタイプ)は3DプリンタによるABS樹脂出力の為、本体部分が重いので、機体が安定していたことも要因の一つではないかと思われます。

Ten_line_8

のしろサットちゃん(デフォルメタイプ)からの動画

 というわけで、ほとんどが空と雲で、最後は森の中、という動画ですが、よろしければご覧ください。のしろサットちゃん(デフォルメタイプ)が空中で撮影した動画です。音は、探索用に付けているビーコンの音で、少しうるさいので、音量を絞って再生してください。

回収は困難を極めた

Nagaibou

のしろサットちゃん(デフォルメタイプ)は、降下して、森の中の、高い木の枝に引っかかってしまいました。
 回収を、有人ロケット協会の広崎会長と徳田さんにお願いしたのですが、打上が9:30だったので、お二人は、25日はイベント見学をせずほとんど回収作業をしていただいたことになってしまい、大変恐縮しております。
 しかし、枝が高く、からまっていた為、日本モデルロケット協会が持っている、こういう回収の時に使うための長いロッド(写真)を使うなど各種の試みをしていただいたものの、午後までかかっても回収することができませんでした。
 結局最後は、このロッドの持ち主である日本モデルロケット協会の正能さんが、永年の同様な回収経験を活かして回収してくださいました。
 広崎さん、徳田さん、正能さん、本当にありがとうございました。

 おかげさまで、「のしろサットちゃん(デフォルメタイプ)」「のしモデルロケットちゃんII号(量産型3号機)」は、打上、パラシュート開傘、放出、回収、動画撮影のすべてにわたり成功しました。心から感謝いたします。


 ※なお、目篭のモデルロケット以外の「2013能代宇宙イベント」の様子については、

  「目篭版D.P.Z.(別館)」ブログの

   「速報!2013能代宇宙イベント」をご覧ください。

Ten_line_10

緒元

イベント :第9回能代宇宙イベント/大型モデルロケット公開打上
主催    :能代宇宙イベント協議会/日本モデルロケット協会
日時    :平成25年8月25日(日)
打上場所:秋田県能代市 浅内第三鉱さい推積場

機種      :initiator
エンジン :F20-4W

搭載物:AltimeterOne(※),
     サット(カメラ:YS-914CA・ブザー:MicroBeacon、搭載)

※発射時にAltimeterOne初期化を忘れた為、高度が取れていません。すみません。 

|

« 能代結果報告その1:ズキューーン葵ロケット | トップページ | 11/2,3 「ロケット交流会」に出展・講演します。 »

能代宇宙イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22996/58110190

この記事へのトラックバック一覧です: 能代結果報告その2:のしろサットちゃん(デフォルメタイプ):

« 能代結果報告その1:ズキューーン葵ロケット | トップページ | 11/2,3 「ロケット交流会」に出展・講演します。 »