モデルロケット全般

2017年12月12日 (火)

サーバルロケット・ボスサットと920MHz通信の展示を行いました

Top

 2017年11月11日、12日に、放送大学兵庫学習センター文化祭で、サーバルロケット、ボスサットなど、今年の能代宇宙イベントで打ち上げたモデルロケット、サットと、920MHz通信の展示を行いました。
 サーバルロケット・ボスサットの打ち上げについては既報のとおりですので、今回は以前書けなかった920MHz通信を中心に報告します。
 (地獄のような忙しさからやっと一息つきました。報告が遅くなってすみません。)

続きを読む "サーバルロケット・ボスサットと920MHz通信の展示を行いました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

能代でサーバルロケットとボスサットを打上げる

Top

 3年ぶりに能代宇宙イベントに参加しました。今回のネタはアニメ「けものフレンズ」。
 「サーバルロケット」から「ボスサット」を放出しました。「ボスサット」から撮った能代宇宙イベント会場の映像もあります。

 「サーバルロケット」と「ボスサット」は大成功でしたが、そのほかにもいろいろやろうとして間に合わなかったり失敗したりしたものもあります。さすが「けものフレンズ」、どったんばったん大騒ぎ、だったわけです。

続きを読む "能代でサーバルロケットとボスサットを打上げる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

ボスサットが目指したもの(暫定版)

Top_2

目篭の能代、ことしの目玉は、けものフレンズのサーバルロケット、とお思いの方、ちょっと待ってください。実は本来、今回の目玉は、ボスサットの方のはず、でした。

時間がないのでとりあえず暫定版をUPしておき、帰ってからゆっくり書きますが、

結局間に合わず、外側だけを使った、単なるキャラサットになってしまいましたが、

実は、ボスサットは、

~ロケットの回収に役立つ(かもしれない)920MHz通信の実験機~

の筈でした。

ちなみにCPUはRaspberryPi ZERO を使っていました。

920MHzは、免許が不要で、見通し7kmまでの通信ができるという

もので、Wifiや携帯の電波が届かない所でのロケットの回収に役に

立つのではないかと考えています。

以下は、放送大学C言語研究会での最後のトラブルについての発表資料です。

これ以前の資料は、放送大学兵庫学友・同窓会 C言語研究会の

http://www.openu-hyogodousoukai.com/club/c-lang/r201612.pdf

http://www.openu-hyogodousoukai.com/club/c-lang/r201702.pdf

http://www.openu-hyogodousoukai.com/club/c-lang/r201704.pdf

http://www.openu-hyogodousoukai.com/club/c-lang/r201708.pdf

を参照してください。

続きを読む "ボスサットが目指したもの(暫定版)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日)

AlphaIIIでカメラ撮影。神戸高校モデルロケット授業終了。

Title

Photo

 以前にご報告した、神戸高校でのモデルロケット授業ですが、1月27日に全8回の授業をすべて終えました。

 生徒からの希望で、AlphaIII(アルファ3)ロケットにカメラを積んで撮影を行いました。(上の画像など)。今回は主にそのへんの事を書きたいと思います。

Ten_line

続きを読む "AlphaIIIでカメラ撮影。神戸高校モデルロケット授業終了。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

神戸高校でモデルロケットを教えています

Kobehs

 10月の終わりごろから、来年にかけて、兵庫県立神戸高等学校で、モデルロケットを教えています。夏に国際交流授業で他の講師の方に打ち上げを行ってもらった高校ですが、今度は日本語でOKなので、目篭が教えています。

 学校の授業のカリキュラムの中で行っていますので、年内は通常のモデルロケット教室を4回に分けて実施したところです。
 来年は、そのノウハウを元に、生徒たちがどんなロケットを打上げるか考えて、打ち上げを行う、ということになっています。
 結果はまたここで皆さんに報告したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

国際交流授業でのモデルロケット教室開催

Highscoolrocket_3

  平成28年8月26日、兵庫県立神戸高校の国際交流授業の中で、モデルロケット教室が開催され、晴天の中、各班打ち上げ回収とも無事成功しました。

 もともと、地元神戸で是非モデルロケットの打ち上げを行いたい、という思いがあり、神戸高校にお話をしたのですが、
 「英語で講義ができるのであれば、国際交流授業の中で可能」というお答えがあり、
 目篭自身は残念ながら講義をするほどの英語力はないので、他の人を捜さざるを得ず、
また、時期が微妙に能代宇宙イベントと重なったため、『ネイティブに近い英語力を持ち、なおかつモデルロケット教室の開催ができる人』の人選にはたいそう苦労し、この過程で、多くの宇宙教育関係、ロケット関係の皆様にご協力、ご尽力いただきました。

 最終的に、モデルロケット経験も豊富で、英語力も抜群のご夫妻に担当していただくことができ、無事開催を終えました。

 このような機会を与えていただき、また実施にあたり絶大なご支援ご協力をいただいた神戸高校の皆様、実際に教室を開催していただいた講師のご夫妻をはじめ、この件でお世話になった多くの宇宙教育関係、ロケット関係の皆様に心から感謝申し上げます。

 これを実績として、神戸でのモデルロケット活動を推進していくのは目篭の役割だと思っています。ハードルは高そうですが、今後とも引き続き努力をしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月29日 (水)

第4級従事者講習会を行いました。

4級ライセンス講習会

Hassya2

 4月18日に、モデルロケット4級ライセンスの講習会を行いました。

 ある大学に新しい学生ロケットサークルが誕生して、誰もロケットを打ち上げたことがないということで、初めてのロケット打ち上げとモデルロケットライセンス取得を目的に、日本モデルロケット協会指導講師として、目篭が講習を行ったわけです。

 快晴・微風という、ロケット打ち上げには最適の天気で、無事、12人の学生さんにライセンスを発行(正確には、ライセンスを申請でき、申請完了まではライセンスと同等の効力を持つ講習履修証を授与)しました。

 地元神戸に戻ってから始めての打ち上げ、初めてのライセンス講習会開催でした。

 関西はモデルロケット活動が低調なので、いつか神戸でもモデルロケットを、と思って、活動を続けてきました。今回は神戸ではありませんが、関西での始めての打ち上げということで、目標への第一歩が実現できたと思います。

 また、十数年前、第一回能代宇宙イベントにたった一人の観光客として参加して以来、いろいろな形で、学生ロケット団体や学生ロケッターの皆さんと係わってきましたが、今回、新しい学生団体の、最初のロケット打ち上げを指導することができて、大変嬉しく思っています。

Ten_line

狭い場所での打ち上げ

Kousya

 今回、一番苦労したのは、打ち上げ場所が狭かったことです。

 とはいっても、もちろん、射点から見学者や打ち上げ準備所までの距離(保安距離)は20m、建物までの距離も30m以上、打ち上げ場所全体はおよそ50m四方と、規則や基準にもとづく安全距離その他の条件はぎりぎり満たしています。

 そこで、打ち上げる機種はおなじみのアルファIIIではなく、Starhawkという、パラシュートではなくストリーマーによる回収ができる機種にし、エンジンも1/2A6-2という一番小さいエンジンを使うことにしました。

Starhawk

Ten_line

何とかセーフ

Hani_4

 快晴微風というまたとないロケット打ち上げ日和にも恵まれ、また、打ち上げている間、ほとんど風向の変化もなかったので、結果、なんとか12本すべて半径20mの保安距離内に入っていました。

 着地点の記録は取っていなかったので、 図の青色は単なる私の記憶による着地範囲のイメージです。赤色の×が射点。射点を中心とした円が半径20mです。

 これだけ苦労してやっとですから、「20mの保安距離」というのは、単なる「お約束の距離」であって、ロケットがその範囲にしか着地しない事を保障している距離ではありません。

 特に回収装置がパラシュートのアルファIIIで、A8-3で打ったりしたら、たいていの場合、この範囲から出てしまいます。
 範囲内で回収するには定点着地競技をするつもりで制御しない限り難しいでしょう。しかし、これからライセンスを取得するという人たちに確実にそれを期待するのは無理があります。

Ten_line_2

神様のおかげ

 うまく行った最大の理由は、快晴微風、しかも風向が打上げの間ほとんど変らなかったことにある、というのは上に書きましたが、これは単なる偶然ではありません。

 実は、今回は条件が厳しいので、「もうこれは神頼みしかない」と思って、この地域の航空宇宙関係の神社である

「飛行神社」  

 にお参りしてきました。このすばらしい打ち上げ日和は、もう、神様のおかげとしかいいようがありません。
 「はやぶさ」の川口先生が「中和神社」にお参りした話は有名ですが、この世界、こういう話は多いですね。ちなみに「飛行神社」には、HIIAなどの打上げ関連で三菱重工の方もよく来られるとの事です。

 もちろん、ライセンス講習会が成功したのは、神様だけではなく、大学の関係者の皆様、お世話になった関係各団体の皆様、そして何よりきわめてまじめに受講してくださった学生のみなさんのおかげです。心から感謝いたします。ありがとうございました。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月28日 (金)

艦これ「能代」ロケット等展示、ご来場ありがとうございました。

 皆様、目篭のモデルロケット展示に多数の来場を賜り、誠にありがとうございました。
以下に簡単ですが報告と謝辞を掲載します。

○神戸会場(放送大学兵庫学習センター文化祭)
  11/14,15

Tenzikobe

  神戸の展示で一番嬉しかったことは、芸工大の講師の方から「能代」を「これはアートですね。キュビズムだ。」と言われたことです。
  立体を平面で表すのがキュビズムだと理解していたのですが、「能代」は立体を「円筒」で表しているので、「なるほど、キュビズムかぁ」と感心してしまい、さっそく、東京のセミナーにも取り入れました。
 もう一つは、小学校の同級生が駆けつけてくれたことです。
地元っていいなぁ、地元に帰ってきてよかったなぁと思いました。
 (ウルトラマン列伝でやっていた「思い出の先生」に影響されて同窓生に声をかけた、というのは内緒です)

Ten_line

東京会場(ロケット交流会)
   11/23,24

Rocketkouryuukai

 東京の展示で一番嬉しかったことは、目篭のブースめがけて来てくださった方がおられたことです。そんな経験は初めてだったので、自分もどう対応していいかわからず、せっかく来られた方にがっかりさせてしまったのではないかと心配ですが、目篭自身はとても感動しています。

 もう一つのエピソードは、ヤマトの集荷を早めにしたので梱包が間に合わず、お客様には大変申し訳なかったですが展示だけご覧いただくことにして、荷造りに専念していたところ、とても可愛いお嬢さんが2人、「ええい、ヤマトなんか待たせておけ!」と覚悟を決めて応対したところ、どうも様子がおかしい。そのうちなんと英語で「私たちは日本語がしゃべれません。あなたは英語ができますか?」というような事を。そこで、いつもの単語羅列、身振り手振りの度胸語で対応したところ、能代を「Kawaii !」と。最後に満面の笑みで「Thank You !」と言われたところを見ると、言葉は通じたかどうかはわかりませんが、「能代」の可愛さは万国共通だったようです。最初は日本人にしか見えなかったのと、流暢な英語だったので、香港かシンガポールの方だったのでしょうか。

 会場では対応に追われ、twitterもできなかったのですが、来場者の方のtwitterが50近くもリツイートされ、艦これ「能代」ロケットはずいぶん浸透したようです。ありがとうございます。
 ただ『「能代」宇宙イベントで艦これ「能代」ロケットを飛ばす』という情報は伝わらず、艦これ「能代」のキャラクター好きと思われたのはちょっと残念です。
 「能代宇宙イベント」で飛ばすから「能代」だったんですよ~。

 あと、この会場で会ったWASAのミッキーさんから、「能代」打上げ時、イー58分離の瞬間等たくさんの写真をいただきました。艦これ「能代」ロケットの記事に追加しています。この展示で、艦これ「能代」ロケットに興味をもたれた皆さん、是非

  『能代宇宙イベントで艦これ「能代」を打上げる

記事もお読みください。

Ten_line_2

○謝辞

 今回は多くの皆様のお世話になり、無事展示を終える事ができました。あまりにもたくさんの皆様のお世話になったので、漏れている方がおられましたら申し訳ありません。至急ご連絡ください。

 展示会に参加いただいた皆様、ありがとうございました。多くの方々に喜んでいただき、大変嬉しく思っています。
 そして、神戸の展示会に駆けつけてくれた雲中小学校の同窓生のみんな、と連絡をして下さったYさん、本当にありがとう。

 また展示に際し、艦これ「能代」の許諾をいただいたDMM松栄社長ならびに関係者の方々、「のしろケットちゃん」の許諾をいただいたno-kaさん、写真を提供していただいた@rocket_maniaさん、本当にありがとうございました。

 そして、チラシ配布にご協力いただいた、宇宙かふぇ、星カフェSPICA、ローレンスとご紹介くださったOさん、東京とびもの学会COMITIA X分科会Kさん、また同様にチラシを受け取っていただいた宇宙わくわく交流会、京都産業大学と神戸大学のCAC・コンピュータ部、天文同好会、漫画研究会の皆様、また告知をTwitterでリツイートしてくださった皆様、誠にありがとうございました。皆様のおかげで、目篭のブースをめがけてお越しになった方もおられ、とても感激しています。

 更に、イベントの運営元である、有人ロケット研究会(MRP)、ならびに放送大学兵庫学習センターの皆様、また神戸での展示のきっかけを与えてくださった同C言語研究会のSさん、ありがとうございました。おかげさまで、心に残る展示をすることができました。

 最後にこの記事をお読みの皆さん、いつもご声援ありがとうございます。交流会では最後にお話したのですが、事情により今後しばらく能代や東京など遠方での活動はできなくなってしまいます。しかし、ネット上でのおつきあいは引き続きできると思いますので、どうかよろしくお願い申し上げます。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月26日 (火)

能代宇宙イベントで艦これ「能代」を打上げる

Title

Itadaitasyasinn

 今年10周年となった能代宇宙イベント。ところで「能代」と言えば、今一番トレンディなのは、オンラインゲーム・艦隊これくしょん(艦これ)の美少女キャラ「能代」だろう。

 10周年の「能代」宇宙イベントで「能代」のモデルロケットを打上げました。

※写真はALOS(@cairn42)さんが撮影されたものです。写真提供ありがとうございます。

続きを読む "能代宇宙イベントで艦これ「能代」を打上げる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月12日 (土)

3Dプリンタで出力したロケットを打ち上げる

Title_2

Sspn2casio

 3Dプリンタで出力したモデルロケットを打ち上げてみました。
 「拳銃だって作れるんだから、ロケットだって作れて当たり前」と思うかもしれませんが、実際に飛ぶロケットを作るのは、マスコミが言っているような簡単なものではありません。

 前半は主にモデルロケットとしての話題で、後半は3DCGとプリンタに関する苦労話です。(写真は3Dプリンタで出力したモデルロケットSSPN-1、発射の瞬間)

 ※トップページから来られた方は、>続きを読む をクリックしてください。

続きを読む "3Dプリンタで出力したロケットを打ち上げる"

| | コメント (5) | トラックバック (0)